胸を大きくしたいと思っても、高いサプリメントや後遺症が怖い手術などは考えられない、そんな女性はバストアップのツボ押しを始めてみましょう。ツボ押しで胸を大きくするのに即効性はありませんが、お金もかかりませんし手軽に始められますよ。美しいバストを保つためにツボ押しは最適です。

思春期から垂れてきている!?

バストを美しいまま保つにはそれなりに努力が必要です。肉体の老化は実は20歳から始まっているといいますが、これはバストにも言えることです。また胸は思春期から垂れてくるとも言われていますから、今回バストケアのツボ押しをすることで美しいバストも同時に保つことができるようになります。

ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!

胸以外への作用も・・・

胸を大きくするツボを押すことで、女性ホルモンが体内に分泌されます。女性ホルモンが分泌されると胸を大きくする以外に肌や髪の毛が美しく整い、さらには血行を促す効果まで得ることができます。女性ホルモンは女性をより美しくみせる効果を持っています。ツボ押しによってボディラインが魅力的になるんですよ。

胸を大きくするツボはどこ!?

では具体的に胸を大きくするツボはどこにあるのでしょうか。押し方なども気になりますね。調べてみましょう。

1.壇中(だんちゅう)
このツボは胸を大きくするツボの中で大変有名なツボです。左右の乳首を一直線で結んだ真ん中にあり、指で押すと多少痛みが残る場所です。

押す場合は指に徐々に力を入れていき、3秒程度押してからゆっくり3秒程度かけて指を離します。

壇中は胸を大きくする他にもストレスを緩和する、肌を美しく整える効果があると言われています。男女共にストレスでのイライラに効果があると言われていますから、男性でも覚えておいて損はありませんね。

2.天溪(てんけい)
脇の下のバストトップとほぼ同じ高さにあるのが天溪というツボです。胸のつけ根辺りを押し、痛みを感じる場所です。

押し方は左は右手、右は左手を使い、胸を持ち上げるように押します。左右同時にツボを押すのがポイントです。乳腺を刺激することができ、胸にハリを出します。

3.乳根(にゅうこん)
バストトップより指2本分程度下にあるのが乳根というツボです。押すと若干痛みを感じます。

ゆっくり3秒かけて押し、3秒かけて戻すを5回程度繰り返しましょう。

女性ホルモンを活発にする以外にもリンパのめぐりをよくする効果を持っており、胸を大きくする効果の他に、代謝アップ、老廃物を排出するなどの嬉しい効果を見ることができます。乳腺炎予防や母乳を作る機能を高める効果も持っているなど、母乳育児で出が悪いと感じた場合はおすすめのツボです。

4.渕腋(えんえき)

押すと痛みがある場所で、乳首からおよそ10センチ下にあるのが渕腋というツボです。こちらのツボは左右同時にゆっくり押します。

胸を大きくするツボなのはもちろんですが、美肌や美しい姿勢を保ってくれるサポートもしてくれます。渕腋を押す時には姿勢を正すこともイメージしながら押すとよいでしょう。

5.中府(ちゅうふ)
鎖骨の外側、指1本分程度下にあるツボが中府という胸を大きくするツボです。押すとこちらのツボも若干痛みを感じます。

指でゆっくり押し、ゆっくり力を抜きます。大胸筋のリンパを刺激することができるツボで、バストを支える筋肉組織を鍛えることができると言われています。大胸筋はバストの土台とも言えますから、大胸筋を鍛えることで垂れ乳を防止し、美しいバストを維持することができます。

ナイトブラの活用も視野に入れよう!

ツボ押しで徐々にですがバストアップは着実にできるでしょう。正しい位置を正しい方法で押すのが重要です。と同時にナイトブラも併用してよりバストアップに拍車をかけましょう。

今話題になっているふんわりルームブラは良い例です。背中や脇に流れた肉を寄せ集め、胸へ定着させることによってお肉がバストの胸だと勘違いしてバストに留まるのをサポートしてくれます。ツボ押しで徐々に膨らんだ胸を、さらに加速させるには、やはりナイトブラの中でもバストアップができるといわれるふんわりルームブラがおすすめです。デザインも可愛いので検討してみると良いでしょう。

ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!