眠っている間の女性の胸の脂肪の変化とは

ふんわりルームブラ
↑画像をクリックで公式HPへ
胸のおよそ9割は脂肪と言われ、脂肪は流動性がありますから、常に固定しておかねば胸の脂肪が胸から出ていきます。仰向けで眠っている最中は、上下左右に胸の脂肪が流れ、横向きになると横になっている下側に胸が寄ります。

ではうつ伏せではどうなるでしょうか?自分の体重の重みで胸が潰され、外向きの力が加わります。この動きに合わせて脂肪は流れ、ノーブラで寝ると胸の形は崩れてしまうことになります。

ナイトブラの特徴

・寝ころんだ状態で着けることが前提
・ノンワイヤーですがバストをすっぽり包み込み眠っている間の胸の動きに対応できる
・締め付け感が少ないから寝苦しくない
・脂肪が脇や背中に流れることを防ぎ美乳を作ることができる

ノンワイヤーや締め付けが緩いなど、眠るまでにリラックスできるよう配慮されているのがナイトブラです。
ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!

ナイトブラで得られる効果とは

・胸に脂肪を定着させてバストラインを美しく見せる
・脂肪が脇や背中に流れないのでバストアップが可能
・クーパー靭帯を傷むのを予防
・締め付けがないのでリラックスした状態で眠れる

ナイトブラは脂肪が胸から流れ出さないよう設計されたブラですから、脂肪を胸にしっかり定着させ、キレイなバストラインを維持し続けることができます。今までノーブラで寝ていた人は、背中や脇に流れた胸の脂肪を元に戻すことでバストアップも期待できます。

ナイトブラを使ったほうがいい人

ナイトブラを使ったほうがよい人の特徴はあるのでしょうか。

・胸の形が外向きで離れている、いわゆる「離れ乳」の人
・胸が垂れている人
・授乳後に胸の形が崩れた人
・左右非対称な胸の形の人

などがあげられます。

胸の形が外側に向く離れ乳で悩む女性はかなり多いです。外向きで胸が離れていると、それなりに胸に脂肪があっても谷間ができず、小さく見えてしまいます。形も悪く、さらに小さく見えるとは悪循環ですよね。

胸が垂れている人も、授乳後にしぼんでしまって胸の形が悪くなった人も、左右非対称の胸の形の人も、眠る時にナイトブラを使ったほうがおすすめです。寝ている間にナイトブラをつけなければ胸以外へバストの脂肪が流れていってしまうため、その問題をより深刻化してしまいます。

ナイトブラは背中や脇へすでに流れてしまったお肉をバストへ寄せ集め、しっかり固定してくれる役割をすると同時に、胸自体へのアプローチとしてしっかり寄せてあげる効果もあります。眠っている時間は長いですから、長時間美しい形でキープされた胸は1回の着用では完璧に戻りませんが、続けていけば美しい形を取り戻すことができます。

ナイトブラで脂肪を胸に定着させて美しいバストラインを維持しましょう

眠っている間にバストを支えるクーパー靭帯を傷めてしまっているのなら、早急に手を打ちたいですね。クーパー靭帯は1度伸びると復活しませんから、バストにハリもなくなります。昼用のブラは夜の動きに対応できていない他にも、血液のめぐりを悪化させてしまうんですよ!

まだナイトブラは使っていない、胸が小さいからノーブラで充分と思っている女性は、今のままだとバストが下垂してしまう可能性があることを覚えておきましょう。貧乳だと思っていた女性は、ナイトブラを着けることで正しい位置に脂肪がつくため、バストアップにも成功します。

ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!