女性にとってバストケアは常に悩みの種。もっとサイズが大きければ、なんだかトップの位置が下がってきた?バストは女性らしさを表す場所でもありますから、女性なら誰もが自分のバストに自信を持っていたいと思っています。しかし残念ながら人間は平等ではなく、バストが大きい人もいれば小さい人もいます。ぺったんこな胸の人は大きなバストに憧れますが、豊胸手術などは怖くて手が出ません。

しかしバストアップも叶い、バストもふわふわになるというおっぱい体操というものがあります。おっぱい体操をすれば誰でも胸を大きくすることができるのでしょうか。

ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!

おっぱい体操はストレッチとおっぱいはがし&揺らしで成り立っている!

このおっぱい体操、神藤多喜子先生という人が考案した体操です。一時期大変話題になりブームになりました。そのおっぱい体操は特別難しいことはなく、誰でも簡単にできる体操です。基本は朝晩の2回、心臓がある左側からスタートします。

ストレッチ

左腕をまっすぐにあげ、指先の方向に伸ばします。腕を内側、外側にねじる動作をして腕をストレッチしましょう。その後、肘を伸ばしたままゆっくり頭上へ手のひらを持って行き、この際にわき腹が伸びているのを確認します。頭上へ伸ばしたひじは頭の後ろに来るようにして曲げて、反対側の手でつかみます。そのまま上半身を右側へ傾けます。

おっぱいはずし

1.ストレッチが終わったら、おっぱい体操に入りましょう。まずはおっぱいはずしから行います。脇を開いて肩甲骨の下からおっぱいのわきに向かい、脂肪を集めるようにマッサージします。
2.右手を広げ、おっぱいのの脂肪を鎖骨中央に寄せるように集めます。おっぱいの下に左手を置き、持ち上げながら軽く揺らしましょう。

おっぱいゆらし

おっぱいはがしが終われば、おっぱい揺らしです。
1.左のおっぱいを斜め上に向かって持ち上げ、手のひらの中で弾ませるように揺らしましょう。反対側も同じように揺らします。
2.その後両手でおっぱいを下から持ち上げ、揺らします。中央によせるイメージでリズミカルに揺らします。

なぜおっぱい体操で胸が大きくなるのか?

ただ揺らすだけ、こんなに簡単な体操、おっぱい体操でどうして胸が大きくなるのでしょうか。それにはしっかり理由もあります。

胸は胸自体が動くことがなく、衣類で締め付けられていることがほとんどなので、血液やリンパのめぐりが悪くなりがちな部分なんですよ。血液やリンパの流れが悪くなれば、胸に必要な栄養素が届きにくくなるのは想像がつきますよね。栄養が届かなければ胸は大きくなることはないでしょう。ここで登場するのがおっぱい体操です。おっぱい体操では胸の血液やリンパのめぐりをよくするストレッチや運動なので、バストアップに効果的なんですよ。

ぺったんこな胸でも!おっぱい体操で胸を大きくしよう!

いかがですか?けして魔法を使うわけでもないですが理論に基づいて考案されたのがおっぱい体操です。胸周囲の血液やリンパのめぐりをスムーズにし、栄養を胸に届けることができるようにするための体操です。続けていれば胸の感触もふわふわになると言われています。ぺったんこで胸がない、という女性でも効果が期待できますから試してみましょう。

ふんわりルームブラはキャンペーン価格の最安値でお得!